クローン病

概要

クローン病は炎症性腸疾患のひとつで、消化管と言われる口から肛門にかけてのすべての粘膜に炎症が起こりうる難病です。10~20歳に発症することが多く、遺伝的な要因も関わるとされています。小腸に次いで大腸に発症することが多く、腹痛や下痢、発熱、体重減少が主な症状です。

あなたの属性におけるデータ

疾患リスク

発症人数()
/1000人中
10年後のリスク(人数ベース)

平均医療費

発病した人の医療費()
保険適用なしの場合
/年間
/月
自己負担割合3割の場合
/年間
/月
発病しない人との比較

現在データ準備中のため
閲覧できません

  • 本ページのデータとグラフを引用ご希望の方へ

    「みんなのヘルスケア」(以下、当メディア)が掲載・公開している病気データに関する掲載箇所は、当メディアに帰属します。 該当箇所の転載や複製をご希望の場合、出典情報として当メディアのURL及びご利用のデータのURLを掲載していただきますようお願い申し上げます。

    [以下、出典記載例]
    ・みんなのヘルスケア | 科学的根拠に基づく医療・健康情報メディア
    https://www.minna-healthcare.com/

    ・急性朱肉炎データ
    https://www.minna-healthcare.com/disease-data/K00-K93/K00-K14/K05/K050

  • 出典

    日本システム技術株式会社のMedical Data PROVISION

    データの権利は日本システム技術株式会社にあるため、データそのものお問い合わせはこちらまでお願いします。 また、Medical Data PROVISIONはデータの提供元組織から利用許諾を得ています。
*あくまで独自サンプルにおける調査結果に基づく数値であるため、論文などで公表されている結果とは必ずしも数値が一致しないことがあることをご理解した上で御覧ください。
また、算出に使用したデータの集計期間は2018年1月から2018年12月の一年間で、対象人数は700万人です。
今後はデータの更新により記載の数字が変化する場合がございますのでご了承ください。

監修者からのコメント

内科医、医師免許取得

頻繁な下痢でタンパク質が失われることで低たんぱく血症が起こったり、吸収不良症候群といった状態になる恐れがあります。診断のためには血液検査や内視鏡検査が必要です。難病というだけあって、根本的な治療方法は確立されておらず、長期的に栄養療法や薬物療法を行っていくことになります。若い方でも、原因が分からず下痢や体重減少、発熱が続いた場合はクローン病の可能性もありますので、内視鏡検査をお勧めします。