電解質とは~Na・K・Cl・Ca・P~

電解質とは~Na・K・Cl・Ca・P~

電解質とは電気を通すという意味に由来し、水に溶ける物質の中で塩化ナトリウムのように電荷をもったイオンとして乖離するものを指します。

生体では血液中の電解質は常に一定の値を保っています。電解質は、酸塩基平衡、水分の保持、細胞膜の電位差など生理的な動きに重要な役割を果たします。

電解質濃度の恒常性は主に腎臓により調節されています。過度の発汗、嘔吐による胃液の漏出や下痢による脱水などによりバランスが取れなくなりますがこれは同時に水代謝にも関連するのです。

今回は、私たちが生きていく上では欠かすことの出来ない電解質について解説します。

電解質検査とは

人間のからだの60%は水分です。これらの水分は、細胞内液や血漿(血液の上ずみ)などの体液として存在します。

体液には、生命活動に重要なミネラルが、溶けた状態で存在しています。

電解質とは、水に溶けて電気を通すミネラルのイオンのことで、体内の水分量やpHを一定に保ち、神経の伝達や心臓、筋肉を動かすことなどに深くかかわっています。

このように、それぞれの電解質はバランスを取りながら、生命の維持に欠かせない重要な役割を担っています。

電解質検査は、血液中のイオン濃度を測定し、バランスの崩れを調べて、体内のバランス異常を調べます。

また、体内の水分の調節は腎臓とホルモンのはたらきによるものです。

血中の電解質濃度に変化が生じた場合、腎機能やホルモンのはたらきに異常が発生している可能性があります。

次に電解質毎に、検査で何がわかるのかを解説します。

ナトリウム(Na)

ナトリウム(Na)は、からだの水分を調節するはたらきがあります。

ナトリウムが多すぎると、これを薄めるために体内に水がたまってしまい、むくみや高血圧の原因になります。

ナトリウムが高値の場合は、嘔吐、下痢などによる脱水症のほか、尿崩症(にょうほうしょう)、糖尿病、アルドステロン症、クッシング症候群などの病気が考えられます。

低値の場合は、腎不全(じんふぜん)、ネフローゼ症候群、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)、心不全などが疑われます。下痢やおう吐をしたときや利尿薬を利用している場合も値が低くなります。

クロール(Cl、塩素)

クロール(Cl、塩素)の大部分はナトリウムといっしょに存在していて、体内の水分量の調節やpHの調節をしています。

脱水症や過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)で高値になるほか、腎不全などでも高値になります。

低値の場合は、嘔吐や下痢のほか、肺気腫(はいきしゅ)、肺炎、腎障害などの病気が疑われます。

カリウム(K)

カリウムは、神経や筋肉のはたらきを調節しています。

カリウムが低いと神経がマヒし、高すぎると不整脈など心臓に悪影響があります。

高値の場合は、腎不全、糖尿病、アジソン病などが考えられます。

低値の場合は、嘔吐、下痢、利尿薬の使用、摂食障害のほか、呼吸不全症候群、アルドステロン症、クッシング症候群などが疑われます。

カルシウム(Ca)

カルシウムは、骨や歯の形成、神経刺激の伝達、血液の凝固などのはたらきをしています。

体内のカルシウムの99%は骨や歯に蓄えられていて、その残りが細胞内や血液中に存在します。

カルシウム不足で血液中のカルシウムの濃度が低下すると、必要に応じて骨から血液中に移動してカルシウム濃度を維持します。

カルシウムの濃度はおもに副甲状腺ホルモンや活性型ビタミンDなどで調節されています。

カルシウムが高値の場合は、悪性腫瘍や多発性骨髄腫(たはつせいこうずいしゅ)など骨代謝の異常、副甲状腺機能亢進症(ふくこうじょうせんきのうこうしんしょう)が疑われます。

低値の場合は、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、悪性腫瘍(しゅよう)(しゅよう)、サルコイドーシスなどの内分泌異常が疑われます。

無機リン(P)

電解質とは~Na・K・Cl・Ca・P~

リンは、生体中にカルシウムに次いで多く存在する無機物です。その80~90%は骨に、約15%が細胞内液に存在しますが、細胞外液には少なく約0.1%といわれています。

・無機リンの血清・尿の測定は、関係する内分泌、骨代謝の異常を調べるためになされます。

異常値を示す主な疾患・状態

・異常高値:腎不全、副甲状腺機能低下症、サルコイドーシス、悪性腫瘍の骨転移、ビタミンD過剰、先端巨大症

・異常低値:副甲状腺機能亢進症、副甲状腺ホルモン産生腫瘍、ビタミンD欠乏症、尿細管性アシドーシス

検査値に影響を及ぼす要因

・溶血で高値傾向

・全血での低温保存(冬)で高値傾向、高温保存(夏)で低値傾向

引用元一覧

いかがでしたか。電解質の濃度を検査することで体内では今何が起こっているのか、または現在起こっている症状は何が原因なのかを知ることが可能となるのです。

必要だからといって過剰に摂取することや、控えなければと考えて極端に摂取量を少なくすることは体を傷つけていることにも繋がる可能性があります。体に優しい生活を送ることが何よりも大切です。

引用元一覧

監修者からのコメント

内科医、医師免許取得

健康な方であれば体内のミネラルバランスは一定に保たれる仕組みができていますので、通常は心配することはありません。注意すべきなのは、高齢の方やがんをお持ちの方、お薬で病気の治療中の方など、体のバランスが崩れやすい状態の方です。大抵は定期的に主治医の先生が血液検査で様子をみてくれていると思いますが、お薬を変えたタイミングや、体調を崩したときなどはそのバランスがどこか崩れていないか、自分でも疑ってみることが必要です。自己判断でサプリメントや漢方薬を常に飲まれている方も、用法用量を守って飲んでいるか、一緒に飲んではいけないものと飲んでいないかなどに注意するようにしてください。

著者
柾本理恵

柾本理恵

看護師歴6年、財務・総務事務員歴6年、Mrs.JAPAN2020 BEST TRADITIONAL COSTUME受賞。医療・看護関連や美容関連の記事を得意としております。ポートレートモデル、コンテスタント向けスピーチ講師としても活動中。経験・資格:看護師(看護師歴6年)。